交通事故を回避するための最良の方法

くるまほけん:交通事故を回避する最善の方法

ここくるまほけんでは、自動車保険の基本的な考え方と、それが交通事故や交通事故とどのように関係しているかを読者に理解してもらいたいと思います。自動車保険は、ドライバーが事故に遭ったときに遭遇する可能性のある経済的損失からドライバーを保護するために、ドライバーが最初に車を購入したときに提供されます。

これはあなたの経済的安定を守るための素晴らしい方法ですが、あなたがあなたの安全を確保し、事故を完全に避けることができればそれはより良いでしょう。残念ながら、これらのタイプのインシデントは、あなたが思っているよりも頻繁に発生します。あなたができる最善のことは、適切な知識を身につけて、それが起こらないようにすることです。

あなたがより良いドライバーになるのを助けるために、私たちはあなたが従うことができるいくつかの安全のヒントをまとめました。これらはあなたを安全に保つだけでなく、あなたの乗客や道路上の他の歩行者も同様に保ちます。

決してあなたの電話を見ないでください

あなたはこれを何千回も聞いたことがあるかもしれませんが、あなたは決してテキストを送ったり運転したりしてはいけません。これは運転の最も重要なルールの1つですが、特に今では携帯電話でできるさまざまなことで、まだ多くの人がそれに従わないことがあります。

当時、人々が運転中に自分の携帯電話を見たくなる唯一の理由は、テキストメッセージです。しかし今では、ソーシャルメディアフィードをすばやくスキャンしたり、ビデオを見たり、ゲームをプレイしたりすることができます。

運転中に携帯電話を見ることは、ドライバーの焦点を道路から遠ざけるため、自動車事故の主な原因の1つです。あなたが運転しているとき、あなたの完全な注意はあなたの周囲にあるべきです。

これは毎年何百万もの事故や事故を引き起こすだけでなく、交通量も多くなります。あなたが責任ある運転手であるならば、あなたが赤信号で止められたとしても、あなたはこれをするのを控えるべきです。 

ライトが緑色に変わるのを待っている間に数秒間でも携帯電話をスキャンすると、何が起こっているのか気が遠くなる可能性があります。あなたの後ろの運転手があなたに彼らの角を鳴らすのを待たないでください。緊急時にのみ電話の使用を制限してください。

常にシートベルトを着用する

最も長い間使用されてきたもう1つのヒントは、常にシートベルトを着用することです。このルールは、あなたが運転手であろうと同乗者であろうと、すべての人に適用されます。シートベルトを着用する練習をする良い方法は、車に乗った直後に着用することです。このように、あなたはそれを忘れることはなく、あなたがそれをストラップで固定するまであなたはあなたの車をバックアップし続けることはありません。運転中に安全を保つための最初のステップは、身をかがめておくことです。 

万が一の事故が発生した場合でもシートベルトを着用することで、シートベルトを常に着用することが重要です。これはまたあなたがあなたの座席から飛び出すのを防ぎます、それは自動車事故で起こり得る最悪のことです。

周囲の状況に注意

する運転席にいる場合は、常に周囲の状況に注意することが重要です。ここくるまほけんでは、車や壁、さらには歩行者が近くにいることを知らなかったために事故に遭ったクライアントに出会ったことがあります。

携帯電話のチェックを控える以外に、周囲の状況を完全に把握できる最善の方法は、鏡を使用することです。あなたが運転しているとき、あなたは鏡をちらっと見ることを習得する必要があります。 

専門家は、周囲で発生する可能性のある変化に気付くように、5〜8秒ごとにミラーを一瞥することをお勧めします。自分の目の前にあるものにも気を配る必要があるので、鏡を見るときにもそれほど長くはかからないはずです。

デフォルトでは、車にはバックミラーと2つのサイドミラーの合計3つのミラーがあります。これらは、すべての死角を可能な限り排除するのに役立つものであり、適切に調整する方法を知っていることで、死角を最大限に活用できます。これを達成するのを助けるために、あなたが知っておくべきいくつかの指針があります:

サイドミラー

サイドミラーはあなたがあなたの後ろの他の車線の車を見るのを助けます。これは、さまざまな状況で役立ちます。たとえば、車線を変更する場合、これは、互いに衝突しないように、後ろに車があるかどうかを確認するのに役立ちます。 

運転席側から始めて、窓に頭をもたせ、車の後端が見えるまでミラーを調整します。ミラーを正しく調整したことを知るのに役立つ優れた指標は、通常の運転位置に戻ったときに、車の後端が見えないことです。

助手席側も同様ですが、頭を窓に立てかける代わりに、センターコンソールより上になるまで右側に寄りかかります。

バックミラー

バックミラーは、通常の運転位置に着席するだけなので、調整が簡単です。ここから、簡単に手が届き、少し横に傾けることができます。正しく調整したかどうかを確認するには、リアビューウィンドウ全体がミラーに表示されているかどうかを確認します。

一部の人々はまた、彼らが彼らの背後にあるものの全体像を得るのを助けることができるバックミラーカメラをインストールします。これは、縦列駐車中や私道にバックアップするときに便利です。

テールゲートしないでくださいテールゲート

は、バンパー間に距離がなくなるまで、前方の車両のすぐ後ろを運転する行為です。運転の不文律であるだけでなく、事故の主な原因の1つでもあるため、これは常に避ける必要があります。これは、前方の車両が急停止した場合、衝突せずに停止する時間と余裕がないためです。

専門家は、あなたとあなたの前の車との間に少なくとも2〜3秒の距離があるべきであると勧めています。このように、目の前の車が突然停止したり車線を変更したりした場合でも、反応して衝突を防ぐのに十分な呼吸スペースがあります。

ライトが機能していることを確認してください

夜間の運転はまったく別の体験です。視界は悪くなりますが、周囲で何が起こっているかを確認するのに十分な街灯があります。ただし、テールライトとヘッドライトが正しく機能していることを常に確認する必要があるため、これらは十分ではありません。

これにより、ドライバーだけでなく歩行者の視認性も向上します。また、それらが完全に機能していることを確認してください。それらが薄暗いか、まったく点灯していない場合は、次の簡単な修正を試すことができ

  • 電球を交換します
  • レンズを掃除し
  • ます。ます充電システムを修理します。

ヘッドライトをオンにすると、車両に近づいて衝突を回避できるようになります。また、これを行うと、テールライトが自動的にアクティブになり、後ろのドライバーを支援できます。このヒントは必須であり、大雨や吹雪などの極端な気象条件のときに役立ちます。

方向指示器を使用する

ドライバーには、ホーンとライトの2つの通信形式しか残されていません。お互いに話す方法が限られているので、常にできる限りそれらを使用する必要があります。ドライバーが見落としがちなことの1つは、方向指示器の使用です。

これは、事故の発生を防ぐための最も簡単で効果的な方法の1つです。レバーを押すだけです。それを押し下げて左に信号を送り、上に押して右に信号を送ります。

責任あるドライバーとして、曲がるときや車線を変更するときに発生する可能性のある事故を避けるために、常にこれを利用する必要があります。これにより、後ろのドライバーはあなたがどちらの方向に進む予定であるかを知ることができ、それに応じて反応することができます。 

あなたの後ろのドライバーがあなたがあなたの方向指示器を使って車線を変えようとしているのを見るならば、彼らはあなたに十分な呼吸の余地を与えるために減速することができるでしょう。交差点を曲がるときも同じです。 

飲酒運転は避け

ましょうここくるま法研では飲酒運転を容認していません。たとえ少量のアルコールを飲んだとしても、運転席に座ることは避けてください。アルコール飲料に対する耐性に自信を持ちすぎないでください。運転するのが苦手な場合は、友達と一緒に車に乗るか、誰かに冷静に運転して家に帰らせることができます。 

ゆっくりと保つ

レースではないことを常に忘れないでください。重要なことは、目的地に安全に到着することです。あなたが遅れているとしても、失われた時間を埋め合わせようとしてあなたの人生を危険にさらさないでください。 

速度を上げすぎて無謀に運転すると、道路に悪いことが起こるだけです。すべての道路、地区、高速道路などで制限速度が実施されています。常にそれらに従うようにしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。