搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険の補償額はどのぐらいが適切か

スポンサードリンク

搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、車両保険の妥当な補償額、加入の有無の妥当性

自動車保険の任意保険は、
主に次の7つによって構成されています。

 

対人賠償保険
対物賠償保険
搭乗者傷害保険
人身傷害補償保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
車両保険

 

これらの保険の賠償額をそれぞれいくらまで補償するのか、
あるいは賠償範囲をどこまでにするのか(加入者が不要と思う保険を外す)ことで、
加入者にとって適切な保険料の保険商品を選択するということになります。

 

今回は、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、
自損事故保険、無保険車傷害保険、車両保険について、
実際、どの程度の損害があり、そのぐらいの補償にしておくべきかという点について、
過去の裁判例、データなどをもとに説明します。

 

対人賠償保険、対物賠償保険についてはこちらをご参照ください↓
対人賠償保険、対物賠償保険の補償額はどのぐらいが適切か

 

自損事故保険、無保険車傷害保険

自損事故保険、無保険車傷害保険は、保険金額、限度額は一定で、
変更することはできません。
無保険車傷害保険はすべての自動車保険で自動付帯で、
外すことができませんが、自損事故保険はこれを外した保険商品を
扱う保険会社もあります。

 

自損事故保険の一般的な補償限度額

死亡保険金…1,500万円
後遺障害保険金…50万〜2,000万円
入院…1日につき6,000円(上限100万円)
通院…1日につき4,000円(上限100万円)

 

無保険車傷害保険は相手が保険に加入していない場合の補償ですが、
自分が入っている「対人賠償保険」の保険金額と同額の保険金が
支払われるのが一般的です。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="3855251329">

 

搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険

搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険は、
いすれもドライバーと同乗者の自動車事故での死亡やケガを補償をするものです。
(搭乗者傷害保険は、任意保険に自動的に入っている保険で、
人身傷害補償保険は必要に応じて追加するというものですが、
人身傷害補償保険に加入し、搭乗者傷害保険を外すということもできます。)

 

両者の異なる点は、保険金の計算方法です。

 

搭乗者傷害保険では、加害者からの損害賠償金、自賠責保険、
各種傷害保険などとは関係なく、
入通院日数や後遺障害の程度に応じて契約で決められた保険金が
支払われます。

 

搭乗者傷害保険の補償額の目安は、
入院費を一日1万円程度補償される額で設定する方が
多いようです。その場合死亡保険金は1,000万円あたりとなります。
人身傷害補償保険を手厚くし、搭乗者傷害保険を外すという
選択をされる方も多いようです。

 

人身傷害補償保険は、
過失割合にかかわらず、実際にかかった損害(入院、通院費等の治療費、休業補償、慰謝料など)が
補償されます。

 

人身傷害補償保険は、ケガの治療費などの実費を補償するので、
その部分の補償額を自分で決めることはできませんので、
死亡保険金をいくらにするかという判断になりますが、
5,000万円程度で加入する人が多いとされています。

 

車両保険

車両保険は、車の時価で補償額が決まるものとなっています。
加入するかどうか、あるいは一般タイプにするかエコノミーにするかを
判断するということになりますが、
中古車の場合はその必要性は低く、
(つけても車の時価が低い場合、支払う保険金の割に
補償額は少なくなります。)
新車や高級車の場合は、つけておいた方がよいでしょう。

 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

関連記事
スポンサードリンク