対人賠償保険、対物賠償保険の補償額はどのぐらいが適切か

スポンサードリンク

対人賠償保険、対物賠償保険の補償額はどのぐらいが適切か

自動車保険の任意保険は、
主に次の7つによって構成されています。

対人賠償保険
対物賠償保険
搭乗者傷害保険
人身傷害補償保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
車両保険

 

これらの保険の賠償額をそれぞれいくらまで補償するのか、
あるいは賠償範囲をどこまでにするのか(加入者が不要と思う保険を外す)ことで、
加入者にとって適切な保険料の保険商品を選択するということになります。

 

 

今回は、対人賠償保険、対物賠償保険について、
実際、どの程度の損害があり、そのぐらいの補償にしておくべきかという点について、
過去の裁判例、データなどをもとに説明します。

 

搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険
自損事故保険、無保険車傷害保険、車両保険については
こちらをご参照ください↓
搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険の補償額はどのぐらいが適切か

 

なお、あくまでも過去の数字や統計を元に一般的に
どの程度が妥当かを考える参考にしていただければ
というものですので、必ずしもすべての方にとって
最適な保険選びとなるわけではないことをご了承ください。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="3855251329">

 

対人賠償保険・対物賠償保険の補償額」

自動者保険の柱である、
対人賠償保険
対物賠償保険
の2つですが、交通事故により他人をケガ、死亡させてしまった場合、
他人の財物を損傷してしまった場合の補償ですが、
まず「人」に対しては無制限以外の選択肢はないと考えてよいでしょう。

 

重度後遺障害の残る事故や、
死亡事故を起こした場合、
その損害額は2億円、3億円を超えることも珍しくありません。
自賠責保険の支払い限度額は、
死亡事故の場合(被害者1名あたり)3000万円
重度後遺障害の場合(被害者1名あたり)4000万円ですので、
自賠責保険だけでは、全く足りない額となります。

 

(なお、死亡事故の場合よりも、重度後遺障害の残る場合の方が、
一般的に賠償額は多額となる場合が多いです。)
人に対する補償は無制限にしておきましょう。

 

「物」についてですが、こちらも「無制限」が無難です。
過去の裁判例を見ると、億を超える損害額となった事例は
数件で3,000万円を超える損害額も、数年に1件あるかないか
ぐらいとなっています。
(これは裁判で争われて判決によって出された額の話で、
裁判にならずに示談が済んだ事例もありますので、
その点ご注意ください。)

 

「物」を損傷してしまった場合に高額となるのは、
スーパーマーケット、コンビニ、量販店、ファミリーレストラン、
飲食店、パチンコ店など商業施設や、
電車、バス、タクシーなどを損傷してしまった場合です。

 

このような場合、建物の修繕費用のほか、
営業できなかった日数、時間の休業損害や
従業員の給与などの補償も必要となりますので、
数千万円、億単位の賠償額となってしまうこともあります。

 

とはいえ、このような大きな賠償額の事故となる確率は
高くはありませんので、確率的に考えると、
保障額は、2,000万円〜3,000万円、
高くても5,000万円あればじゅうぶんと考えることもできますが、
補償額が5,000万円の場合と、無制限の場合とでは、
保険料の違いは月々数百円程度の違いの場合が
多いので、無制限にしておいた方が無難ではないでしょうか。

 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

関連記事
スポンサードリンク