自動車保険の年齢区分を変更して保険料を抑えよう

スポンサードリンク

自動車保険の年齢区分を変更して保険料を抑えよう

自動車保険の任意保険の保険料は、
補償内容や本人の年齢、事故歴、等級、免許証の色など
様々な要素で変わってきますが、保険の対象となる年齢区分を
変更することで、保険料を安く抑えることができます。

 

統計上、自動車事故は若い人の方が起こしやすく、
年齢を重ねるにつれて事故を起こす件数が少なくなっていきます。

 

ですから、若ければ若いほど保険料は高く、
年齢を重ねるにつれ安くなっていきます。

 

自動車保険の年齢区分

自動車保険の年齢区分は、主に次のように分類されています。

全年齢補償
21歳以上補償
26歳以上補償
30歳以上補償
35歳以上補償

 

全年齢補償が最も、保険料が高く、
35歳以上補償が最も保険料が安くなります。

 

ですから、ご家族でお住まいで、
高校を卒業したお子さんが運転を始めるという場合には、
親御さんの保険を「全年齢補償」にすることで、
お子さんが運転する際の補償もされますが、
保険料は割高になります。

 

ですから以後、お子さんが21歳の誕生日を迎えたときなど、
自動車保険の年齢区分に達した時に、
切り替えを行い保険料を抑えることができます。

 

なお、別居の親族や知人、
友人などには年齢制限は適応されずに補償されますので、
お子さんが年齢に達した場合の他、
別居となったときも年齢区分を変更することで
保険料を抑えることができます。

 

また、同居のお子さんが免許を取り、
車も新たに追加するという場合、
それまでの親御さんの等級をお子さんが
引き継ぐということもできます。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="3855251329">

 

自動車保険の等級は親子間で引き継ぐことができる

自動車保険の等級は20段階になっており、
通常6級から始まり、無事故で保険を使わずに1年が経過すると、
1つずつ等級が上がっていき、それにつれて
保険料が安くなるというシステムです。
(事故を起こして保険を使った場合は、3等級または1等級ダウンします)

 

等級は親子間で引き継ぐこともできます。
例えば親御さんが20等級の場合、
お子さんがそれを引き継いで、20等級でスタートすることもできます。
その際、親御さんは6等級に戻りますが、
自動車保険は若ければ若いほど保険料が高いため、
18歳の6級と、45歳の6級では、45歳の等級の方が遥かに保険料が
安くなるのです。

 

ですから、
18歳の6級と、45歳の20級を合算した保険料よりも
18歳の20級と、45歳の6級を合算した保険料の方が
安くなる場合が多くあるのです。

 

このような引き継ぎ制度を利用して保険料を抑えることもできますので、
ぜひご検討ください。

 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

関連記事
スポンサードリンク