信号機のない交差点での車どうしの事故の過失割合

スポンサードリンク

信号機のない交差点での車どうしの事故の過失割合

今回は、信号機のない交差点で、直進車どうしが衝突した場合の
過失割合について説明します。

 

「止まれ」の標識がある場合は、
「止まれ」のない道路が優先となりますが、
どちらにも「止まれ」の標識がなく、道路の幅も同じ場合は、
自分から見て、左にある車が優先となります。
日本の道路は左側通行ですので、右にいる車が左にいる車を見つけやすいので
「左方優先の原則」となっています。

 

いずれの道路にも標識がなく、道路の幅が異なる場合は、
広い道路の方が優先となります。
過失割合について考える場合は、
減速をしたかどうかによって過失割合が修正されます。

信号機のない交差点での車どうしの事故の過失割合

左方向車、右方向車いずれも減速した場合、あるいはいずれも減速しなかった場合
左40%、右60%
となります。
左が減速して、右が減速しなかった場合は、
左60%、右40%
左が減速せず、右が減速した場合は、
左20%、右80%
となります。
広い道路と狭い道路の場合は、広20%、狭80%
優先道路の場合は、優10%、劣90%
一方通行を違反した場合は、無違反20%、違反80%
一時停止を違反した場合は、無違反20%、違反80%
となります。

 

一方通行や一時停止を違反していない者も20%の過失となりますので、
信号機のない交差点では、交通ルールを守るのはもちろんのこと、
違反者との衝突にも、じゅうぶん注意しましょう。

関連記事
スポンサードリンク