交通事故の損害賠償の算定は男性と女性で違いはあるか?

スポンサードリンク

交通事故の損害賠償の算定は男性と女性で違いはあるか?

交通事故によって、後遺障害を負ってしまった場合は、その程度によって、
被害者は加害者に対して損害の賠償を請求することができ、
加害者の加入する自賠責保険や
任意保険から損害倍賞のための保険金を
受け取ることができますが、
後遺障害の算定額が男性の場合と女性の場合で違いが
あるかということですが、まず、顔にキズが残ってしまった場合は、
一般的に男性よりも女性の方が、
精神的苦痛を賠償する慰謝料の面も含めて
損害賠償額が大きく算定されることが一般的です。

 

顔だけの算定で考えると女性の方が
賠償額が高くなる傾向にありますが、
損害賠償はその他にも、本来得られたであろう利益が
ケガにより得られなくなった部分も算定されます。

 

ケガによって仕事を休んだ分や、
後遺障害によって労働力が下がった場合、
今後得られたであろう給与や収入の減少分も逸失利益として算定し、
加害者に対して請求することになりますが、
この場合、これまでの収入をもとに今後の収入を想定し、
算定することになりますが、
被害者の女性が主婦やアルバイト、パートの場合も多く、
平均的に考えて男性の場合の方が収入額が多い傾向にありますので、
この面を考えると総合的な賠償額は
男性の方が高くなる場合が多いでしょう。

 

ですから、交通事故の賠償額は、男性、女性により、
差があるということはありますが、
個々のケースによって算定される額はまったく違いますので、
どちらの方が高くなるというふうなことは
一概に判断することはできません。

 

関連記事
スポンサードリンク