自動車保険の保険金が支払われない場合(免責事由)

スポンサードリンク

自動車保険の保険金が支払われない場合(免責事由)

自動車保険に加入していても、
保険金を支払われない場合があります。

 

保険会社が保険金の支払いを拒絶できる事由を
「免責事由」といいますが、
保険の約款などに定められています。

 

保険商品に共通する免責事由

保険商品などによって異なる場合がありますが、
すべての保険商品に共通する免責事由があり、
それは次のものです。

・被保険者の故意による事故で本人に生じた損害
・被保険者が無免許、酒気帯び、麻薬などの薬物服用中の運転で生じた損害
・戦争・内乱・暴動などによる損害
・地震や津波などによる大規模自然災害時の損害
・核燃料物質等の有害な特性のために生じた事故の損害

最初の2つの、
「故意」つまり、わざとやった事故で保険金を受け取ることはできないという事、
無免許や飲酒運転、危険ドラッグなど服用して運転した時に、
保険金がもらえないのは常識の範囲で理解できるかと思いますが、
その他、自然災害など、予測し得ない事態での被害も
補償されませんので注意してください。

 

また、運転者限定特約や年齢条件を設定している場合に、
対象者以外の者が運転していた場合も保険金が支払われません。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="3855251329">

 

使用目的に偽りがある場合や、
車を買い換えた場合、用途を変更した場合、
走行距離オーバーの場合に保険会社への連絡をしなかった場合も、
申請していた走行距離と実際の走行距離がわずかであれば、
差額の保険料を支払うことで保険金が支払われるという扱いになる場合も
あるようですが、その差が著しく大きい場合は、
免責となり、保険金が支払われないという場合もありますので、
じゅうぶんご注意ください。

 

事故後60日以上経過してから保険会社へ連絡した場合も
免責となる場合があります。

 

自動車保険は保険金をもらえるだけでない

自動車保険は、保険金を受け取れるだけでなく、
事故後に必要なレッカーサービス、代車サービスを受けられたり、
事故後の処理についてアドバイスをしてもらったり、
相手方の保険会社とのやりとりなどさまざまなサポートを
受けられますので、事故を起こしてしまった場合は、
救急、警察のあとに保険会社に必ず連絡しましょう。

 

なお、任意保険の柱である対人賠償保険、対物賠償保険は、
「他人」や「他人の財物」に対しての損害を賠償するものですので、
記名被保険者やその配偶者、同居の親族や使用人については、
免責となります。

 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

 

関連記事
スポンサードリンク