自動車保険の記名被保険者(主な運転者)とは

スポンサードリンク

自動車保険の記名被保険者(主な運転者)とは

自動車保険の任意保険に加入する際は、
「主な運転者」を記入しますが、
契約自動車を運転する人(補償の中心となる方)で、
保険証券には「記名被保険者」として
名前が記載されます。

 

記名被保険者(主な運転者)

記名被保険者(主な運転者)は、
賠償責任保険や人身傷害保険の
補償を受けられる方の範囲等を決定するうえで重要で、
この方を中心に、配偶者、同居の親族が補償の対象となります。

 

通常は、保険の契約者と記名被保険者が
同一の方となるのが一般的ですが、
妻が夫の自動車を運転するという場合や、
子どもが親の自動車を運転するという場合には、
契約者と記名被保険者が異なるということになります。

 

「記名被保険者」は一般的には、
「主にその自動車を運転する方」
という意味で使っている保険会社が多いですが、
この場合、「主に運転しているのは子だが、
記名被保険者を年齢の高い親にして保険料を安くする」
ということをしてしまうと、
告知義務違反になる可能性があります。

 

保険会社によっては、「記名被保険者」を
「主に運転する人、または車を自由に
支配・使用する正当な権利を有する方」
という含みで使っている場合もあり、
この場合は、その自動車を使う人の中で、
最も保険料の安くなる方を記名被保険者とすることも可能となります。

 

明らかに虚偽の内容を伝えて、
保険料を安くしようとするのは論外ですが、
このように、言葉のつかいかたが保険会社によって微妙に異なる場合も
ありますので、各保険会社に状況を説明し、
記名保険者をその者にしてもよいかどうか確認の上で、
虚偽や告知義務違反にならないよう注意しながら、
保険料を抑える工夫をしていただければと思います。

 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

 

関連記事
スポンサードリンク