自賠責保険の請求手続き、必要書類

スポンサードリンク

自賠責保険の請求手続き、必要書類

交通事故により損害が生じた場合の
自賠責保険の請求は、
加害者請求と被害者請求の2種類があります。

 

加害者請求
加害者が被害者に損害賠償金を支払い、
そのあとで保険金を損害保険会社に請求するもの
(多くの加害者は任意保険に加入していますので、
任意保険会社は自賠責保険金を含めて一括で被害者に支払う場合が多く、
これを「一括払制度」と言われています。)

 

被害者請求
被害者は、加害者が加入している損害保険会社(組合)に
損害賠償額を直接請求するもの
(加害者から賠償をしてもらえない場合などに行うのが通常です。)

 

なお、いずれの請求も、総損害額が確定してから一括で請求せずに、
被害者は治療費を支払う度、加害者は被害者へ賠償金を支払う度に、
複数回に分けて保険金を請求することも可能です。

 

また、すぐに賠償金を受け取りたい被害者のために、
仮渡金(かりわたしきん)制度があります。
死亡の場合290万円、傷害の場合は程度に応じて
5万円、20万円、40万円を請求することができます。

 

自賠責保険の請求期限

請求期限は、加害者請求の場合、損害賠償金を支払ってから3年以内
被害者請求の場合は、
傷害事故…事故が発生してから3年以内
後遺障害…症状固定から3年以内
死亡事故…死亡から3年以内
となっています。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="3855251329">

 

自賠責保険を請求する際の必要書類

自賠責保険を請求する際は、
次のような書類が必要です。
(状況により、不要なもの、これら以外で必要なものが
ある場合もありますので、損害保険会社にお問い合わせください)

 

・保険金(共済金)・損害賠償額・仮渡金支払請求書

 

・交通事故証明書(人身事故)

 

・事故発生状況報告書

 

・医師の診断書または死体検案書(死亡診断書)

 

・診療報酬明細書

 

・通院交通費明細書

 

・付添看護自認書または看護料領収書

 

・休業損害の証明情報
給与所得者…事業主の休業損害証明書(源泉徴収票添付)
自由業者、自営業者、農林漁業者…
納税証明書、課税証明書(取得額の記載されたもの)または確定申告書 

 

・印鑑証明書
被害者が未成年で、その親権者が請求する場合は、当該未成年者の住民票または戸籍抄本が必要です。

 

・委任状および(委任者の)印鑑証明
死亡事故等で請求権者が複数いる場合は、原則として1名を代理者として、
他の請求権者全員の委任状および印鑑証明が必要です。

 

・戸籍謄本

 

・後遺障害診断書

 

・レントゲン写真等

 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

 

関連記事
スポンサードリンク