自賠責保険の保険料と補償内容

スポンサードリンク

自賠責保険の保険料と補償内容

自動車損害賠償責任保険(以下自賠責保険)は、
原動機付自転車(原付)を含むすべての
自動車に加入が義務付けられているもので、
原動機付自転車を含むすべての自動車は、
自動車損害賠償保障法に基づき、
自賠責保険(共済)に入っていなければ、
運転することはできません。

 

なお、自賠責保険に加入していない自動車で運転をした場合、
事故を起こさない場合でも、
1年以下の懲役または50万円以下の罰金の刑罰を受けることになります。
また、違反点数6点が付され、即座に免許停止処分となります。

 

自賠責保険は、交通事故による被害者を救済するための
対人賠償を確保することを目的としたものです。
(自賠責保険は人のケガ、死亡を補償するもので、
自分や相手の車、その他ガードレールや民家など物を損傷した場合の
補償はありません。)

 

自賠責保険は、自動車を購入した際、車検の際に加入、更新するのが一般的ですが、
損害保険の代理店や、コンビニなどでも加入できます。

 

自賠責保険の保険料
自賠責保険,保険料,補償内容
詳しい保険料についてはこちらをご参照ください

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="3855251329">

 

自賠責保険の支払い限度額

自賠責保険の支払い限度額は、
死亡事故の場合(被害者1名あたり)3000万円
重度後遺障害の場合(被害者1名あたり)4000万円
ケガの場合は(被害者1名あたり)120万円
となっていますが、
死亡事故、重度後遺症事故の場合、その賠償額は、
2億円、3億円を超えることも珍しくありません。

 

また、前述の通り、自賠責保険は、
物損事故を補償しませんので、
任意保険に加入していないと、
通常の方の支払い能力では、交通事故の損害を
カバーしきれないのが実情です。

 

自動車を運転する際、自賠責保険に入るのは当然ですが、
この補償だけでは不十分ですので、
任意保険の加入を検討しましょう。

 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

 

関連記事
スポンサードリンク