夏場の車内温度の上昇(スマホの置きっぱなしは注意!)

スポンサードリンク

夏場の車内温度の上昇(スマホの置きっぱなしは注意!)

夏場の停車中の車内の温度

夏場に炎天下の駐車場などに車を停めた際には、
車内の温度は非常に高温になりますので、注意が必要です。

 

外の気温が35℃の日では、
停車後30分程度で車内の温度は45℃まで上昇し、
2〜3時間後には、60℃近くまで達することもあります。

 

お子さんやペットを車に残しておくと脱水症状や熱中症を引き起こし、
命にかかわる危険性がありますので、絶対にやめましょう。

 

エアコンをかけたまま、お子さんやペットを残していく方もいますが、
お子さんが車をいじってエアコンを止めてしまったりする危険性もありますし、
他のトラブル、犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

なお、車の窓を数センチ開けて空気の通り道を作った場合でも、
わずかに上昇温度を抑えることはできますが、かなりの高温状態となります。

 

このように夏場の車内は非常に高温になりますので、人やペットがその中にいるのは非常に危険ですが、
その他、置きっ放しにしていたモノが損傷する場合もありますので、注意が必要です。

 


炎天下の車内温度、対策はできる?【JAFユーザーテスト】

 

夏場に直射日光の当たるダッシュボードにモノを置くのは要注意

特に、直射日光の当たるダッシュボードにモノを置く際は、
運転中でも注意が必要です。
食べ物はすぐに傷んだり、腐ったり、溶けたりしてしまいます。

 

携帯電話や、スマートフォンなどを置いておくと、高温により故障して
使用不能となったり、ライターやスプレー缶などは亀裂が入ったり
破裂したりすることもあります。

 


「車内温度テスト〜ダッシュボードに置いた物はどうなる?」【JAFユーザーテスト】

 

ハンドルや金属部分が高温になっているので注意

駐車していた車に乗る際は、ハンドルや金属部分が高温に
なっていて、火傷してしまうこともありますから、
十分注意してください。

 

道具を使わずに簡単に車内の温度を下げる方法は、
運転席のドアを開け、(2人以上いる場合は助手席のドアも同様に)
ドアをパタパタとウチワのように開け閉めし、
中の空気を逃がしてあげることです。

 

10秒ほど行うことで、高温になった車内を10℃前後下げることが
できますので、お試しください。

 

こちらの商品は夏はサンシェード、冬は凍結防止シートとして
通年使用することができ、しかも手頃な価格ですので、
一枚持っていれば重宝すると思います。

 


 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

 

関連記事
スポンサードリンク