交通事故の加害者が未成年の場合、親に損害賠償請求できるか?

スポンサードリンク

交通事故の加害者が未成年の場合、親に損害賠償請求できるか?

車の免許は18歳から取得することができますので、
自動車事故の加害者が未成年という場合もありえます。

 

民法という法律には次のような規定があります。

【民法712条】
未成年者は,他人に損害を加えた場合において,
自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えていなかったときは,
その行為について賠償の責任を負わない。

 

一見、未成年者が事故を起こしても
責任を負わないというようにも読めますが、
「自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えていなかったとき」は
とあり、自己の責任を弁識するに足りる知能とは一般的には、
12歳から13歳以上であれば責任弁識能力があると考えられていますので、
未成年者でも賠償の責任を負うことになります。

 

ですから、18歳で免許取りたての未成年はもちろん、
16歳で無免許運転で事故を起こした未成年も、
損害を賠償する責任を負うことになります。

 

とはいえ、法律上、未成年者にも賠償の責任があるとはいえ、
現実的に未成年者が賠償が可能かどうかということが問題になります。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="3855251329">

 

現実的に未成年者が賠償が可能かどうか

未成年者でも自動車保険に加入することができますので、
保険に加入している場合であれば、
賠償が可能でありますが、
保険に加入していない場合、
未成年者から金銭的な賠償を受けることは現実的に難しいのが通常でしょう。

 

その場合、未成年者の保護者(親)に責任を追求できるかどうか
という問題になります。
未成年者の親に損害賠償請求することができる根拠として
「運行供用者責任」というものがあります。

 

運行供用者とは

運行供用者とは、その車を実質的に支配している人のことです。
その車の所有者が、その車の起こした事故を起こした車が親の車だった場合や、
車の名義が未成年車の子のものでも、
ガソリン代や維持費などを親が負担していた場合には、
親は運行供用者となり、損害を賠償する責任を負うことになります。

 

ですから、交通事故の加害者が未成年者の場合、
事故を起こした車が親のものである場合は、
運行供用者責任により、
親に損害賠償請求をすることができると考えることができます。

 

関連記事
スポンサードリンク