自動車保険の中断証明書の発行手続き、条件、期間

スポンサードリンク

自動車保険の中断証明書の発行手続き、条件、期間

自動車保険の中断証明書

自動車保険の任意保険は、自動車に乗らなる場合は
不要になり、解約をするか、譲り渡す
(自動車保険は譲り渡すことが可能です)
ことをお考えの方も多いと思いますが、
しばらくしてからまた車に乗ることがあるかもしれないという方は、
保険会社に「中断証明書」を発行してもらうことをおすすめします。

 

自動車保険には、「等級」があり、
無事故で保険を使わない期間が1年ごとに
等級が上がっていき、保険料が安くなっていくシステムになっています。

 

中断証明書を発行してもらうことで、
再び自動車保険に加入する際に、中断前の等級を引き継ぐことができます。
自動車保険を他社に乗り換える場合でも等級を引き継ぐことが可能です。

 

また、保険に加入した方以外でも、配偶者や同居の親族であれば、
中断証明書を使って、家族の方が等級を引き継いで保険に加入するということも可能です。

 

中断証明書の有効期限は、中断日から10年です。

 

中断証明書の発行の条件

中断証明書の発行の条件は、
等級が7等級以上で、車を手放していることです。
車を所有し続けたまま、中断証明書を発行してもらうことはできません。

 

「車を手放している」とは、具体的には、
解約日、満期日までに譲渡、廃車、
リース業者への返還手続きが完了している場合、
解約日、満期日までに車検が切れており継続して車検を受けない場合
解約日までに抹消登録が完了している場合
が該当します。

 

中断証明書を発行してもらうために必要な書類

中断証明書を発行してもらうために必要な書類は
解除事由証明書、登録事項等証明書など
車を手放したことを証明するもの
(陸運局で発行してもらうことができます。)
保険会社発行の中断証明取得依頼書、
保険証券の写しなどです。
詳しくはご加入の保険会社にお問い合わせください。

 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

関連記事
スポンサードリンク