自動車保険の「プロ代理店」とは?

スポンサードリンク

自動車保険の「プロ代理店」とは?

「プロ代理店」とは

自動車保険に加入する方法として、
近年はインターネットやコールセンターで
保険会社に直接問い合わせて
加入するダイレクト型(通販型)自動車保険による加入が
増えてきていますが、まだまだ割合的には少数(全体の10%程度)で、
圧倒的に代理店を通じて保険に加入する方法の方が多いです。

 

自動車保険を販売している代理店は、
自動車ディーラー、自動車整備工場といった自動車関連の業者が
保険代理店を行っている場合もあれば、
必ずしも自動車関連ではなく、旅行代理店や、
不動産業者が自動車保険の代理店を行っているようなケースもあります。
これら兼業代理店の他、
自動車保険の代理店業務のみを行っている専業代理店を
「プロ代理店」と呼ばれています。

 

「プロ代理店」「兼業代理店」という肩書きはあまり参考にならない

「プロ代理店」といっても、兼業代理店と比較して、
特典があるわけではありませんし、
必ずしも保険知識に優れているというわけでもありません。

 

もちろん、自動車保険を専門に扱っているので、
専門知識が豊富な場合もありますが、
言ってしまえば、店次第、人次第というところもあり、
兼業代理店でもより深い専門知識を持っているということもありますので、
「プロ代理店」「兼業代理店」という肩書きだけで
判断できるところはあまりないというのが正直なところです。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7703623100410059"
data-ad-slot="3855251329">

 

ダイレクト型(通販型)は代理店で加入するよりも保険料が安い

なお、保険に加入する際は、ダイレクト型(通販型)で
加入した方が、人件費や保険代理店のマージンがカットされるぶん、
保険料が2〜3割安くなります。

 

保険代理店の方が直接顔を合わせて契約を行うぶん、
信頼感、安心感がある印象をお持ちの方も多いですが、
インターネットやコールセンターで保険会社と直接契約をした場合でも
当然、保険会社から同様の補償、サービスを受けられますので、
ロードサービスなど緊急時のサポートも充実し、
保険代理店経由で加入した場合と違いはありません。

 

現在、保険代理店経由で保険に加入している方は、
現在(これまで)と同じ補償内容でダイレクト型(通販型)の
自動車保険に切り替えると2〜3割安くなるのが通常ですので、
まずは一括見積りをしてみて、保険を見なおしてみてはいかがでしょうか?

 

自動車保険の保険料を安くおさえる方法

関連記事
スポンサードリンク